枕を替えて気分転換

肩こりと言いますか、首や頭や背中全体がガチガチにこって痛いというひどい状況でした。
仕事帰りにマッサージショップなどで指圧してもらっても、マッサージ師さんも「すごくガチガチですね。」と驚くほどの体の硬さです。
ちなみに私は二十代の女子ですから、ちょっと柔らかな体で合っても良いのですが、そのころはもうコリが本当にひどかったのです。
システム関係の仕事をしていたからかもしれません。腰痛もありました。しかし高いヒールの靴はスタイルを保つためにやめる事は出来ません。
どんなに痛くても、肩肘はって生きていたのです。
枕も大きくてフカフカのラグジュアリーなタイプを使っていました。
そんなある日、低くてさらに柔らかい枕をデパートで発見しました。
低すぎる枕などはプライドまで低くなりそうでちょっと納得できません。
しかし、その枕は何とも言えない柔らかな使い心地だったのです。
デパートのテストコーナーに横になっただけで体の疲れがどんどんと外へ出て言っているような気持がいたしました。
会社のお昼休みでしたが、そのまま枕を購入することにいたしました。
その日の夜、新しい枕を使いますと、なんとも言えない安心感とリラックス感が全身に広がってきました。
そして、吸い込まれるように眠りに落ちたのです。不眠症だったのにすっと眠れたことがまず嬉しかったことを覚えています。
その翌日、首や肩の凝り頭痛がすっかり消えてとれていたのです。
朝からすっきりと目覚めて痛みのないことなんて暫くなかったことですからとても不思議に思いました。
もっとはやく枕を替えていればよかったと思いました。

たかが枕ですが、こんな枕に出会えたことにとても感謝をしています。
枕と言えどもきっと一期一会なのです。
疲れや肩こりをとってくれる大切な枕ですから、出張の時にも連れて行きたいくらいです。
実は、職場のプログラマーたちも、出張の際には枕をもってい行く人が数名居られるのです。
やはり肩こりや腰痛の多い職場ですから枕にはみんなこだわりがあるようです。
肩こり 枕